Install this theme
daodijiaoshenmea:

Japanese goddess Erika Mori 森絵梨佳

daodijiaoshenmea:

Japanese goddess Erika Mori 森絵梨佳

欠陥のある商品を買った消費者の保護も強める。例えば買った家の基礎工事の手抜きとかシロアリがついていたというように、購入前には気づかなかった欠陥(瑕疵)が後で見つかれば、売り手に救済を求めることはできるが、現行は契約解除か損害賠償しか請求できない。これを、修理や交換、値引きなども請求できるよう多様化し、消費者救済の道を広げようというものだ。 部屋を借りる際の敷金は明文規定がなかったが、定義や返還の範囲をルール化。しばしばトラブルになる修理費用について、「借り主は経年変化に対する原状回復義務を負わない」と明記し、貸主に契約終了時に敷金を返すよう義務付けた。
さて、慌てて家に帰ったら、フィンランド人にはゆったりとした「家族の時間」があるのだろうか?これが意外にも、家族でさっと夕飯を食べたら、音楽やスポーツなどの子供の習い事が待っていたりする。 習い事や趣味があるのは子供たちだけではない。女性ならヨガやジム、あるいは語学教室、男性ならジョギングやゴルフにハンティングなど、アフター4の「自分の時間」も大切だ。また、一つの職業だけでは十分な稼ぎにならず家でもパソコンで副業をしたり、社用メールの返事を書く人もいる。 子供中心の家庭生活と、趣味もキャリアも充実させたい自分の時間とのバランスや考え方は人それぞれだ。その違いが元で夫婦喧嘩が絶えず、離婚に至るケースもある。さらに、アフター4という長い時間を長年共有するというだけで、お互いの欠点や嫌なところが目に付き拡大して離婚に至るケースも珍しくは無い。ちょっと意外で残念だが、これもフィンランドの現実だ。 上記の通り、私がノキア・ジャパン時代に感じていた“不思議な違和感”はあながち間違いではなかった。実は、フィンランドの離婚率は50%。共働き夫婦が抱く「家族の時間」や「夫婦の時間」「父親の育児参加」に対するパートナーへの期待は思いのほか大きく、大き過ぎるがゆえに、そのギャップにも傷つきやすいのだ。
さてそのノキア・ジャパンでは、長時間労働にも耐え、締め切り厳守で働く日本人は高く評価されていただろうか? それに対する私の答えは「NO」だ。私とて、プライベートライフを多少犠牲にしてでも仕事に忠実な日本人を「勤勉だ」「まじめだ」と褒めて欲しかった。お世辞でもいい、おだてて乗せて、自分たちの仕事を押し付けるのでもいい。しかし、正面切って「日本人は勤勉で長時間労働にも耐える良い働き手である」といってくれたフィンランド人は皆無である。 当時隣の部署で働いていたフィンランド人のAさんは、「日本人はだらだら遅くまで働いていて効率が悪い」「そんなに長時間働いて、頭が冴えるのか?」とまでいう。「でも遅くまで働く彼らがいるから、日本のプロジェクトには遅れが少ないのでは?」といい返すと、「与えられたタスクの内容を吟味せず、無駄なことでも延々とやるから残業になるのだ」という。そこで「上司からの命令だからでは?」と反論すると、「フィンランドでは相手が上司であろうと、現場を一番よく知っている人間が無駄な課題やプロセスには『NO』といって、より効率の良いやり方を提案する」といい放った。 ――その感覚は、実際に人口わずか540万人のフィンランドに住むようになってからわかるようになる。リソースの少ない国では効率良くやらなければ疲弊してしまうのだ。

フランスの人たちに聞いてみた。

写真を撮るとき、笑顔を撮るために日本や韓国のように何か言う言葉があるか聞いてみたら、
フランスの人は「フランスではそんなことはしない。自然な姿を撮る」

そんな人工的な笑いは撮らないらしい。

脱法ドラック→危険ドラック
オレオレ詐欺→母さん助けて詐欺

↑こんな改称ばかり進めて
↓この改称をしない政府は役立たず

サービス残業→強制違法労働
いじめ→傷害/窃盗/恐喝
痴漢→強制猥褻
ブラック企業→違法搾取企業

喜びは60くらいがちょうどいい。
30だとプロとは言いにくいし、
100だと影響が大き過ぎる。
勝ち続ける意志力
梅原大吾(プロゲーマー)著より (via shouichiondemand)
rrrrrrrroll:

R_73

rrrrrrrroll:

R_73

奨学金の受給要件に該当せず、親からの資金援助も得られないということならば、AVや風俗という手段が、選択肢の一つとして視野に入ってくるのではないだろうか。

この点、インターネットの掲示版などでも「留学資金を貯めるため、風俗で働こうと思うがどう思いますか?」という質問を見かけるが、このような質問に対しては、「風俗以外の仕事でお金を貯めたほうが良い」というアドバイスが多い。

しかし私は、自分が強い意志を持って決め、自分の夢をどうしても実現させたいということならば、他人の意見で否定されるべきではないと思っている。

人生には限りがある。時給800円で月に160時間働いたとしても、12万8千円である。留学に必要な資金が300万円だとしたら、額面全額を貯金しても2年近くかかる計算になる。実際は社会保険料や税金を引かれるので手取りはもっと減るし、生活費も必要であるから、切り詰めて月5万円貯蓄しても丸5年かかってしまうのが現実だ。

10代20代という人生において貴重な時期に、資金を貯めるだけで5年間も費やしてしまうのはあまりにも長すぎると感じるのは無理もないだろうし、人によっては色々なチャンスを逃してしまうことにもなりかねないであろう。

期間を決めてAVや風俗の仕事に従事し、月30万円貯蓄できれば、1年以内に目標資金を貯めることができる。

発想を殺すのは簡単ですよ。ダメ出しすればいい。言動をあらかた否定する。さらに「あーしろこーしろ」と指示をする。こちらが言ったことを言った通りにできた時だけ褒める。これだけでもう自分で考えて試してみる力、つまり“発想する力”は死ぬ。親とか上司など、支配的な人物がそれをやると効果覿面

■最も大きいコストは人件費

・安いコピー機はいけない
 電気代を節約するのはいけない
 →人件費というコストがかかるから

■稼ぎ=能力×時間

・能力が高ければ、かける時間は短くて済み、
 能力が低ければ、かける時間は長くなる

■管理職は特権階級ではない

・上司であるということは、役割でしかない

■自分の仕事ばかりを優先するダメ上司

・自分の仕事は短い時間で成果を出せるので、そちらにばかり精を
 出してしまいがち。
 自分の仕事を優先すると、管理職の仕事がおざなりになる。

■社長がひまだと社員は働かない

・名刺や人脈が有効となる営業活動や社外交渉。
 社内の様子をつぶさに観察しての細かな指示(例えば、入り口の花を
 からさないように、でも良い)など社員にはできない仕事、
 気付かない仕事に専念しなければならない。

 一方、社長自身が動いてもいけない。

 社長は能力があっても、現場で自分でばかり働くことに専念していては
 いけない。

■できる社長は、感謝や期待を言葉であらわす

・「○○さんに任せるよ。何があっても責任は私が取るから、一生懸命
 やってくれ」

■乗るか反るかの投資はしない

・商品の発売直後はライフサイクルでいう導入期。
 導入期の3年間は、その商品でのビジネスは赤字を覚悟しなければ
 ならない。

 導入期の途中で断念せざるを得ない、という状況を避けるため
 3年間の赤字負担額を見込んでおき、その負担に耐えられる体力を
 溜め込んでおく。

■開発費にかけるお金は、資金全体の1割を原則に

・残り9割は売るためのお金(販売費)とする

・多くの開発型企業では、開発費9割、販売費1割とまるっきり
 逆になることもあるが、注意

■粗利率=(売上 - 仕入れ)÷売上×100

・100円で仕入れて200円で売る
 90円で仕入れて190円で売る
 110円で仕入れて210円で売る
 →全て粗利は100円だが、粗利率が異なる
下記のように、最も売上が高い210円で売った場合の粗利率が低くなり
  逆に一番安い190円で売った場合の粗利率がもっとも高くなる

 (190-90)÷190×100=52.6%
 (200-100)÷200×100=50.6%
 (210-110)÷210×100=47.6%

 →安く仕入れて、その分安く売ったほうが儲かる

■坪効率は机上の空論

・坪効率よりも重要なのは原価計算

 収入-支出=利益
 の基本原則を忘れないこと

■原価の内訳

・原価には「直接原価」(仕入れ)と「間接原価」(経費)がある

・経費の中で比率が大きいのは、人件費と家賃などの固定費

・原価計算をするときに、仕入れしか考えず、経費を忘れてしまっている
 人も多い

■適正価格を決める思考法

・価格設定をするときは、もちろん原価計算をする

・直接原価、間接原価の他に
 リスクファクター(変動要因)に備えて
 上乗せ利益を勘案して価格を決める

■もうけの源泉は見積もり力

■「払え、バカヤロー」の覚悟

・売掛金の回収の仕組みを徹底させる

 例えば・・
 営業担当者は事前に支払いサイトを聞いておき、
 請求書を回す際には経理部に伝えておく。
 約束の期限がきたのに、入金されていなければ
 その日のうちに営業担当に伝え、経理が督促する。
 1日でも遅れたら督促をするのが、貸し倒れのリスクを減らすコツ。

 そして、督促しても支払わない場合はその時点で商品・サービスの供給を
 止める。

 最終手段としては、売掛金はとれなくてもいい、貸し倒れで捨てる
 という覚悟をして「払え、バカヤロー」と殴りこみに行く。
 (実際にはバカヤローとはもちろん言わないが)

 こう言われた相手は、「会社をつぶされるかもしれない」と恐怖を
 感じる。相手も必死だから、そう感じないと支払いには応じない。

■交際費は正しく使う

・資本金1億円以下の会社は。年間400万円の交際費の9割が損金として
 認められる
 →毎月、約30万円強が経費として使える

・交際費は利益の範囲内で調整しながら使う

 月次の損益計算書を見て、15万円の利益なら交際費の枠を15万までとする
 (交際費を使わないと、利益の半分の7.5万円を法人税として払わなければ
 いけないが、経費になる交際費を使えば、利益を減らすことができる)

・きちんとした接待なら、午後6時くらいにスタートして、
 料理を食べ、きちんと話をして、どんなに遅くとも10時半には終わる。
 予算は一次会のみで、一人2,3万円。これで十分。

■宝物は危ない橋の先にある

・身近なリスクに細かく気を回す

・ただし、あまりリスクヘッジばかりすると、ビジネスチャンスがなくなる

・最大のリスクヘッジは人をきちんと見極めること
 トラブルの大変は人が原因。できるだけ信頼できる人と付き合うこと。

beautyotr:

Beauty on the run’s brand new collection.
Use my tags to see most wanted pics like in:http://beautyotr.tumblr.com/tagged/100 Also works with 50/100/250/500/1000 - try :)
Beaurun loves you :)

beautyotr:

Beauty on the run’s brand new collection.

Use my tags to see most wanted pics like in:
http://beautyotr.tumblr.com/tagged/100
Also works with 50/100/250/500/1000 - try :)

Beaurun loves you :)